600万人の県都、千葉市(緑区)

ホキ美術館

ホキ美術館@GR 世界でも珍しい写実絵画専門の美術館で、平成22年、収集家の保木将夫氏(元保木メディカル会長)が開館した。

超写実絵画は、写真と見間違うほど細密な描写で人物や風景・静物を描く技法。 保木コレクションを中心に、森本草介・野田弘志・五味文彦など写実絵画の第一人者が描いた作品を展示するほか、新進気鋭の作家に活動の場を提供している。

館内は、緩やかなアールを描く長い回廊とシンプルな白壁、星空のような天井の照明、音がしないゴムの床が心地よい空間。 見る者と画家の思いを大切にしている。

美術館の建物は、日本建築家協会の日本建築大賞(2011)、千葉市都市文化賞(2011)、千葉県都市文化賞の優秀賞を受賞。 一部が宙空に浮いた珍しい建築で、それ自体がアートになっている。
■開館:10:00〜17:30/火曜・年末年始・展示替時休館
■料金:一般\1800、高大生\1300、中学生\900/P無料
■所在地:千葉市緑区あすみが丘東3-15
■問合せ:043-205-1500(ホキ美術館
■備考:

もっと知りたい方のために

■このページのTOPへ