なんじゃもんじゃの木、神崎町

神崎神社となんじゃもんじゃの木

なんじゃもんじゃの木@E950 利根川は、神崎付近で大きく蛇行する。 江戸期は、流れの速い難所として唄われた。

…ここはこうざき森の下、舵をよくとれ船頭さんよ、主の心と神崎森は、なんじゃもんじゃで気が知れぬ…

神崎神社は、白鳳年間(673−685)の遷座と伝わり、空と水の交通の神様「天鳥船命」(あめのとりふねのみこと)を祀る。

拝殿の横に立つ大クスは、「なんじゃもんじゃの木」と呼ばれている。 延宝二年(1674)、水戸光圀公が当地に立ち寄った際、「この木は何というもんじゃろうか」と問うたのが名前の由来という。
主幹は明治40年の火災で焼失したが、そのひこばえが高さ20mの立派な大木に育っている。 境内の森は県天然記念物に指定されている。

神崎神社では、毎年4月第二日曜に稚児行列と浦安の舞、早乙女による御田植祭が古式ゆかしく行われていたが、稚児不足で平成19年から中断している。
■拝観:自由/無料/P無料
■所在地:香取郡神崎町神崎本宿1994
■問合せ:0478-72-3161(神崎神社)
■備考:国天然記念物、房総の魅力500選、ちば遺産

もっと知りたい方のために

■このページのTOPへ