湊の水神祭/水神宮(市川市)
水神宮 御祭壇 神事 御仮屋 お祓い
水神宮 御祭壇 神事 御仮屋 お祓い
水神宮
水神宮
行徳の河岸に祀られた小さな水神さま。 江戸・元禄期、この一帯は祭礼河岸と呼ばれ、陸路で運ばれた魚や農産物を対岸の江戸へ積み出す拠点として賑わいました。 水神祭は、水難除けを祈願して、毎年6月最終土曜日(旧行6月30日)に行われています。
(2011年、AF-S DX 17-55mmf/2.8G、Nikon D300)
御祭壇
御祭壇
古くから地元の漁師から豊漁・海難除けの守り神として崇敬されてきた水神さま。 昭和30年代までは、子供たちが江戸川で泳いで遊び、水難除けと泳ぎの上達を祈願しました。 水難除けの信仰は、今も地元にしっかり根付いています。
(2011年、AF-S DX 17-55mmf/2.8G、内蔵ストロボ、Nikon D300)
神事
神事
午前11時、水神宮での神事。 船橋大神宮から迎えた神職の修祓、祝詞奏上、玉串奉奠と続きます。 この後、行徳街道沿いに設けられた御仮屋に移動して、同様の神事が行われます。
(2011年、AF-S DX 17-55mmf/2.8G、Nikon D300)
御仮屋
御仮屋
御仮屋には、神輿と水神宮の掛け軸、獅子頭2対が祀られていました。 古老によれば、昔はお囃子とともに神輿が渡御し、獅子頭が巡遊したとか。 かつては市川にも、漁師町に多く見られるお練り獅子が残っていたものと思われます。
(2011年、AF-S DX 12-24mmf/4G、Nikon D300)
お祓い
お祓い
水神さまに参拝に来た地元の子供たち。 神主役(自治会の役員)が榊でお祓いをし、お菓子を渡します。 夜には堤防に露店が立ち並び、行列ができるほど大勢の人が参拝します。 翌日、自治会館で直会(ハチアライ)が行われて水神さまの祭りが終わります。
(2011年、AF-S DX 17-55mmf/2.8G、Nikon D300)
撮影地:千葉県市川市湊 水神宮|撮影メモ(2011)
参考資料:「千葉県祭り・行事調査報告書」千葉県立大利根博物館(平成14年)