団子あげ/北方子之神社(市川市)
子之神社 祈年祭 団子あげ 餅花 伝統を守る
子之神社 祈年祭 団子あげ 餅花 伝統を守る
子之神社
子之神社
市川市街を一望する高台にある北方子之神社は、鎌倉期の文永年間(1254-75)に創建され、大己貴命(オオナムチノミコト=大國主命)を祀っています。 毎年2月26日の祈年祭では、無病息災と豊作を祈る伝統行事「団子あげ」が行われます。
(2017年、RICHO GR)
祈年祭
祈年祭
午前10時、拝殿で祈年祭の式典が始まりました。 氏子総代・役員が参列し、神職により献餞・祝詞・修祓・玉串奉奠・撤饌と厳かに執り行われます。
(2017年、RICHO GR)
団子あげ
団子あげ
「団子あげ」は、農事始めに豊作を祈る予祝行事で、北方1〜3丁目と4丁目(一部)に伝わります。 団子を挿した梅の小枝を神前に奉納し、式典が終わると参詣者に配られます。
(2017年、RICHO GR)
餅花
餅花
梅の小枝に咲いた餅花。 この団子を持ち帰り、焼いて食べると風邪をひかないとされます。 昔は、氏子の家々が前年に収穫した米粉の団子を梅の小枝に挿して奉納しました。 現在は、周囲は住宅街で農家はなく、市販の団子を使っています。
(2017年、RICHO GR)
伝統を守る
伝統を守る
都会の中でひっそりと続く伝統行事「団子あげ」。 氏子総代と役員の皆さんが地区の伝統を大切に守り継いでいます。
(2017年、RICHO GR)
撮影地:千葉県市川市北方3-17-23 子之神社|撮影メモ(2017)
参考資料:「市川よみうり」記事(2015.3.7号)