にらめっこおびしゃ/駒形大神社(市川市)
蓬莱飾り 五穀豊穣祈願 シンコ餅の兜 当番渡し にらめっこ
蓬莱飾り 五穀豊穣祈願 シンコ餅の兜 当番渡し にらめっこ
蓬莱飾り
蓬莱飾り
駒形大神社のおびしゃ(御奉謝)は通称「にらめっこおびしゃ」と呼ばれ、毎年1月20日に行われます(旧行1/19〜21)。 朝、氏子の皆さんが神社に集まり、式場始(しばきり)で決めた役割分担に従い、手分けして藁を打ち注連縄を綯い、大根・牛蒡・唐辛子で鶴・亀・松竹梅を作ります。
(2019年、M.ZUIKO D ED 12-40mmF2.8 PRO、OM-D E-M10III)
五穀豊穣祈願
五穀豊穣祈願
鳥居と境内末社に注連縄を張り、床の間に蓬莱飾りを飾ると、拝殿に集まり五穀豊穣・村内安全を祈願します。 神職はおらず、長老が叩く太鼓に合わせて南無阿弥陀仏を唱和し、玉串を奉奠して、大盃に注いだ御神酒を廻し飲みます。 白装束に赤襷はこれから餅を搗く搗き手の皆さん。
(2019年、M.ZUIKO D ED 12-40mmF2.8 PRO、OM-D E-M10III)
シンコ餅の兜
シンコ餅の兜
続いて、シンコ餅で供物を作ります。 斎竹で囲んだ結界で餅を搗き、1臼目は供物の下に敷く丸い「煎餅」を、2臼目は「烏帽子・擬宝珠・皿頭」の3つの兜を作ります。 3臼目の餅は小さく丸めて、東西組に分かれてぶつけ合い、その年の厄を祓います。
(2019年、M.ZUIKO D ED 12-40mmF2.8 PRO、OM-D E-M10III)
当番渡し
当番渡し
午後、神社当番の引継ぎ儀式が行われます。 ライトウの組から5人ずつ前に出て、行司から盃と「煎餅」片が入った紙包を頂き、当日記(神札と日記)を回して確認します。 最後に新ヤド役が背中に当日記を背負い、引継ぎが終わります。 続いて末社当番8組の日記引継ぎが行われました。
(2019年、M.ZUIKO D ED 12-40mmF2.8 PRO、OM-D E-M10III)
にらめっこ
にらめっこ
最後に、東西組から2人が相対し、睨み合いながら酒を飲みます。 沢庵2切れを置き、小盃から始まり、笑うと行司が双方に大きな罰盃を申し付けます。 ヤジが飛び交う笑い声の中、和気藹々と進み、東西8組が対戦します。 勝ち負けはなく、3組終わるごとに「高砂」の謡いが入ります。
(2019年、M.ZUIKO D ED 12-40mmF2.8 PRO、OM-D E-M10III)
撮影地:千葉県市川市大野4-2757 駒形大神社|採訪メモ(2019)
参考資料:「市川市史・第4巻」市川市史編纂委員会(昭和50年)