新市場神楽/天宮神社(香取市新市場)
練り込み 布舞 鈴舞 怒りの舞 鳥刺し
練り込み
新市場(にいじば)区の天宮神社で、春祈祷(5月末)とオビシャ(12月23日)に、獅子神楽と余興の芸能が奉納されます。 この日はオビシャで、当番引継ぎ神事が行われた後、獅子神楽と余興の「鳥刺し」が演じられました。
(2010年、AF-S DX 17-55mmf/2.8G、SB-800、Nikon D300)
布舞
演目は「布舞・幣束舞・鈴舞・怒りの舞・剣の舞」があります。 この日は、「剣の舞」を除く四つが演じられました。 獅子神楽の伝承の詳細は不明ですが、江戸初期から続くと伝わります。
(2010年、AF-S VR 70-200mmf/2.8G、SB-800、Nikon D300)
鈴舞
謡いだけで静かに舞う「幣束舞」に続いて、「鈴舞」では幣束と神楽鈴を手にやや早調子のお囃子で舞います。 謡いは「悪魔を払う…」と、ムラの悪魔払いを祈願した内容です。
(2010年、AF-S DX 17-55mmf/2.8G、SB-800、Nikon D300)
怒りの舞
胴布を広げ、5人で激しく舞い踊る「怒りの舞」。 狂ったように激しい獅子頭の動きで、怒りを表現しています。 かしら役と後かぶり役の息が合った演技でした。
(2010年、AF-S DX 17-55mmf/2.8G、SB-800、Nikon D300)
鳥刺し
余興の「鳥刺し」では、鷹狩りで使う鷹の餌となる小鳥を鳥もち竿で捕る役を、面白おかしく演じます。 「ひとつヒヨドリ比叡の山に、小鳥が一羽止まりをなして、さえずるところを…刺そうと思ったら逃げられた〜」と口上が入ります。 他に「オカメひょとこ・医者と看護婦・鬼・鍾馗・魔導舞」の演目が伝わっています。
(2010年、AF-S VR 70-200mmf/2.8G、SB-800、Nikon D300)
撮影地:千葉県香取市新市場332 天宮神社|撮影メモ(2010)
参考資料:「千葉県の民俗芸能」千葉県立房総のむら(平成7年)