ぐるり房総 > 房総の祭り > 青木の虫送り
青木の虫送り/青木区(南房総市富浦町青木)
竹を選んで 藁を巻いて いざ点火 オークンド ムラ境
 
  
#1
  
竹を選んで
「虫送り」は、稲の豊作を願い、松明の火で稲につく害虫を集落から追い出す農耕儀礼です。青木区では、田植えが終わった毎年5月中旬ころの土曜日に、子どもたちが主役で行われます。夕方、JA農機倉庫に集まり、松明作りから始めます。
(2010年、Nikon D300、AF-S DX 17-55mmF2.8G)
  
■このページのTOPへ

 
  
#2
  
藁を巻いて
竹に稲藁を巻き、長さ二mほどの松明を作ります。大人から教わりながら作業を進める子どもたち。虫送りは、かつては田植えが終わった農村の風物詩でしたが、今も続けている所は県内でも珍しくなりました。
(2010年、Nikon D300、AF-S DX 17-55mmF2.8G)
  
■このページのTOPへ

 
  
#3
  
いざ点火
松明ができあがると、「俺の方が長いぞ」「いや、俺のが長い」と賑やかです。火をつける時はさすがに緊張するようで、行儀良く並んで順番に火をつけていました。年長の小学五年生(中学生になると引退だそうです)を先頭に、いよいよ虫送りに出発です。
(2010年、Nikon D300、AF-S DX 17-55mmF2.8G)
  
■このページのTOPへ

 
  
#4
  
オークンド
田植えが終わった田んぼの道を、「オークンド(送るぞ)オークンド、イネムシ(稲虫)オークンド」とはやしながら歩く子どもたち。この日は田の畔に入ることなく、このまま七百mほど離れたムラ境に向かいました。水田の向こうに見えるハウスは、富浦特産・房州びわの栽培ハウスです。
(2010年、Nikon D300、AF-S DX 17-55mmF2.8G)
  
■このページのTOPへ

  
#5
  
ムラ境
松明の火で誘い出した害虫を、ムラ境の岡本川に追い出し、川に流します。昔は松明ごと川に流したそうですが、今は橋のそばに掘った穴で、松明を燃やしています。大人と子供が協同することで、次の世代に地区の風習が確実に引き継がれています。
(2010年、Nikon D300、AF-S DX 17-55mmF2.8G)
  
■このページのTOPへ

撮影メモ(2010)