600万人の県都、千葉市(中央区)

千葉市立郷土博物館

郷土博物館@SH902i 中世まで房総を支配した千葉氏一族は、桓武平氏の流れを汲む武士団で、荘園「千葉荘」を本拠にした。

大治元年(1126)、千葉常重がこの地に館を置き、その子常胤は、石橋山の合戦で敗れ房総に逃れた源頼朝を助け、鎌倉幕府の創設に尽力した。

その功績で、鎌倉期には下総守護として隆盛を誇り、戦国期に一族の内紛で本佐倉城に本拠を遷すまで、ここ亥鼻の地が房総支配の中心となった。

郷土博物館は、昭和42年、千葉氏の館(亥鼻城)跡に建つ。 復元天守ではなく、小田原城をモデルに設計された観光施設なので、史実の亥鼻城(戦国期の板塀をめぐらせた簡素な館)と大きく時代考証が異なるのが残念。

館内には、千葉氏に関する資料が常設展示されている。
■開館:9:00〜17:00/月曜・祝日・年末年始休館
■料金:無料(2015.7.1から)/P無料
■所在地:千葉市中央区亥鼻1-6-1
■問合せ:043-222-8231(千葉市立郷土博物館
■備考:房総の魅力500選

千葉神社

千葉神社@Df もとは長保元年(1000)に開創された北斗山金剛授寺で、千葉常重がこの地に本拠を移した際、妙見菩薩を祀り、明治の神仏分離令で千葉神社と改称した。

御祭神の北辰妙見尊星王(天御中主命)は、北極星と北斗七星を司ることから、社紋に月星紋と十曜紋を用いる。

社殿は、戦時中の千葉空襲で焼失し、昭和29年に再建された旧社殿は境内社の千葉天神として残る。 現在の社殿は、平成2年の建築で、鉄筋コンクリート製・上下2段の拝殿は日本初の重層社殿とされる。

例祭(妙見大祭)は毎年8月16〜22日に行われる。 大治二年(1127)に妙見菩薩を鳳輦に移して亥鼻城に招き、北斗七星にちなみ7日間祀ったのが始まりで、890年の歴史を誇る。
先触れの大太鼓が「だらん、だらん」と聞こえるので、「だらだら祭り」の名で親しまれている。
■拝観:6:00〜18:00/無料/Pなし
■所在地:千葉市中央区院内1-16-1
■問合せ:043-224-2211(千葉神社
■備考:房総の祭り「妙見大祭 宮出し宮入り」参照

千葉教会堂

千葉教会堂@D300 明治28年(1895)に建てられた日本キリスト教団千葉教会(プロテスタント)の教会堂で、現在も日曜と水曜に礼拝が行われている。

千葉教会は、明治初め、キリスト教の解禁とともに、登戸の海産肥料商・鈴木幸助が宣教師を招き、説教会を開いたのが始まり。

教会堂は、アメリカ東部のカルヴィン様式で、ドイツ人建築家ゼールが設計した。 竣工時、玄関の屋根には尖塔(鐘楼)があったが、明治44年(1911)の台風で倒壊して失われている。
下見板張り、ゴシック・アーチ型の窓、柱のないハンマービーム工法の高い天井が特徴で、明治の洋風木造建築の特徴をよく残している。
■見学:教会の許可が必要/無料/Pなし
■所在地:千葉市中央区市場町9-20
■問合せ:043-222-4475(日本基督教団千葉教会
■備考:県有形文化財、房総の魅力500選

千葉(せんよう)寺

千葉寺@D300 正式には海上山千葉寺(真言宗)といい、開創は和銅2年(709)、行基が十一面観音を刻んで祀ったのが始まりと伝わる。

平安末期に焼失したが、鎌倉初期に千葉常胤が再建し、千葉氏の祈願寺として栄えた。

仁王門と鐘楼堂は文政11年(1828)の建築。 寺宝に青銅製梅竹透釣灯籠(室町期、東京国立博物館蔵、国重文)のほか、平安末期の経塚(経筒を埋めた塚)がある。
境内の大銀杏は、高さ30m、幹回り8m、推定樹齢千三百年で県天然記念物に指定されている。

寺には、明治初めまで、毎年大晦日の夜、「千葉笑い」という奇習があった。 村人が覆面姿で集まり、代官や村長の不正や人の非行を笑い飛ばし、他人の怠慢を己の諫めとして正月を迎えた。
江戸期の俳人・小林一茶も、「千葉寺や、隅に子どもも、むり笑ひ」と句に詠んでいる。
■拝観:8:00〜17:00/無料/P無料
■所在地:千葉市中央区千葉寺町161
■問合せ:043-261-3723(海上山千葉寺)
■備考:房総の祭り「千葉笑い」参照

千葉ポートタワーとポートパーク

千葉ポートタワー@D40 千葉港は、名古屋港に次ぎ全国2位の輸出入貨物取扱量を誇る。

千葉ポートタワーは、県人口が500万人を突破したのを記念して昭和61年にオープンした。

タワーは中空構造で、高さ132.9m。一辺が15.1mの菱形で、外壁に5571枚のハーフミラーが使われている。
1階にはショップ、2階にはサンセットプロムナード(105m)、3階にはブッフェレストラン(109m)、4階にはビュープロムナード(113m)がある。
特に、サンセットプロムナードは「恋人の聖地」に認定され、「愛の南京錠」をロックするフェンスがある。

目の前に広がる「ポートパーク」は、人工海浜の砂浜で、家族連れやウィンドサーファーで賑わっている。
■開館:9:00〜19:00(夏期21:00)/年末年始休館
■料金:大人\420、小中生\200/P無料
■所在地:千葉市中央区中央港1
■問合せ:043-241-0125(千葉ポートタワー
■備考:房総の魅力500選、恋人の聖地

旧生浜町役場庁舎

旧生浜町役場@GR 昭和7年(1932)に建てられた旧生浜町役場の庁舎で、平成4年まで地区市民センターとして使われた。

旧生浜町は、旧生実浜野村(明治後期に浜野・村田・北生実・南生実・有吉の5村が合併)が生浜村となり、昭和3年(1928)に町制施行して誕生。
昭和30年に千葉市に編入され、平成4年に千葉市が政令指定都市になった際、中央区(一部は緑区)に編入された。

旧役場庁舎は、町制施行に伴い新築された木造二階建ての建物で、1階に役場事務室、町長室、小使い室が、2階に町議会議場と議員控室があった。 フランス瓦葺の屋根や玄関ポーチ上のバルコニーなど、昭和初期の洋風木造建築の特徴をよく伝えている。

現在は、市の委託を受けたNPO法人が管理しており、1階の旧役場事務室に往時の資料などを展示している。
■見学:火・木・土の9:00〜16:30
■料金:無料/P無料
■所在地:千葉市中央区浜野町1290-3
■問合せ:043-245-5962(千葉市教育委員会文化課)
■備考:市有形文化財

寒川神社の御浜下り

寒川神社の御浜降り@D300 もとは千葉神社の妙見大祭の期間中、8月20日に寒川の氏子が妙見神輿を担ぎ、町内を巡行して妙見洲から浜に降り、大漁祈願したことに始まる。

江戸期から戦前まで、「妙見さまが海に入らなければ漁にならない」と云われ、浜降りが行われたが、戦時中は中断。
戦後、寒川神社の神輿で浜降りが再開された。 昭和30年代に入ると埋立てが進み、昭和43年〜平成10年まで、船渡御に形を変えて催行された。

平成11年から、かつての妙見洲に近いポートパークの人工海浜で、年番町と氏子青年会が神輿を担いで海に入る「夕星の祭典」が行われている。
■公開日:毎年8月20日
■伝承地:千葉ポートパーク(千葉市中央区
■保持団体:寒川神社氏子青年会
■指定:市地域文化財
■備考:房総の祭り「夕星の祭典」収録

登戸の神楽囃子

登戸の神楽囃子@D300 登渡神社の例祭(毎年9月4〜5日)で、仮設舞台で奉納される。

もとは、明治中ごろ、江戸・深川囃子を習った人が登戸に移り住み、囃子連を作ったのが始まり。 昭和24年に氏子青年らにより囃子連が再結成されて、現在に続いている。

囃子は「切り囃子・昇殿・鎌倉・四丁目・屋台・投げあい・神田丸・上下・秘曲七曲・大喜利」の十曲が伝わる。 神楽舞は「仁羽舞(道化)・寿獅子二頭舞・仁羽獅子舞・三番叟舞・巫女舞・天狐舞・鬼舞」の七演目が伝わっている。

現在は、子供たちのお囃子や獅子舞も披露され、後継者の育成にも力を入れている。
■公開日:毎年9月4〜5日
■伝承地:登渡神社(千葉市中央区登戸3-3-8
■保持団体:登渡神社登戸囃子連
■指定:市地域文化財
■備考:房総の祭り「登戸の神楽囃子」収録

生実神社の奉納芝居

奉納芝居@Df 生実神社の秋季例祭(毎年10月体育の日の前日)で奉納される地芝居で、生実町青年会が手作りで演じている。

明治初めに能・歌舞伎を奉納したのが始まりで、明治中ごろから芝居が演じられるようになった。

娯楽が少ない農村では大人気だったが、戦後はTVや娯楽の普及で観客が減り、昭和36年に中断。 地元青年会が昭和45年に復活させ、毎年、神社例祭の「奉納演芸大会」で演じている。
■公開日:毎年10月体育の日の前日
■伝承地:生実神社(千葉市中央区生実町1551
■保持団体:生実町青年会
■指定:
■備考:房総の祭り「生実神社の奉納芝居」収録

もっと知りたい方のために

■このページのTOPへ