文化と自然が薫る街、市川市

現代産業科学館

現代産業科学館@D200 身近な生活を支える科学技術の原理が分かる体験学習型の博物館。 県内の交通・産業遺跡の研究にも力を入れている。

館内は「現代産業の歴史」、「先端技術への招待」、「創造の広場」のコーナーに分かれている。 ジーメンスの電車、T型フォード、旧川崎製鉄千葉製鉄所1号高炉模型など、興味深い展示が多い。

人工雷の放電実験室では、カミナリの原理と怖さを体験できる。 サイエンスドームでは、全天周型映像システムやプラネタリウムが上映されている。

ショッピングモールのコルトンプラザ、メディアパーク市川(図書館や市川文学ミュージアム併設)に近く、買物ついでに気軽に立ち寄りたい。
■開館:9:00〜16:30/月曜・年末年始休館
■料金:一般\300、高大生\150/P有料
■所在地:市川市鬼高1-1-3
■問合せ:047-379-2000(千葉県立現代産業科学館
■備考:

八幡の藪知らず

藪知らず@D40 市川市役所近くの国道14号沿いに残る竹藪は、「八幡の藪知らず」と呼ばれる。

江戸期から多くの文献に登場し、この藪に入ってはならず、一度入ったら出て来られない、入れば必ず祟りがあると伝えられてきた。

伝承によれば、最初に八幡宮を勧請した神地、日本武尊の陣跡だった、天慶の乱で平貞盛が「八門遁甲(はちもんとんこう)の陣」を敷き死門の一角を残すので祟りがある、平将門の家臣が泥人形になった怨念の地など諸説ある。

禁足を破って藪に入った水戸黄門が神の怒りに触れたともされている。
現在では、八幡宮の放生会を行った放生池の跡で、戦国期に千葉氏の内紛による荒廃で行事が途絶えた後も、禁足のみが伝えられたとする説が有力。

いずれにせよ、市街地の中にぽっかり残った深い藪は不思議な空間で、「入ってはいけない」雰囲気を醸し出している。
■見学:自由(藪内は禁足)/無料/Pなし
■所在地:市川市八幡
■問合せ:047-300-8020(市川市文化振興課)
■備考:

真間の継橋と手児奈伝説

真間の継ぎ橋@GR 市川には、その昔、下総国の国府が置かれていた。

真間付近は東京湾が奥深く入り込み、入江にはいくつもの砂州があったという。
上総の国府(現在の市原市)に通じる官道には、洲から洲へいくつもの橋が掛けられていた。 万葉集にも詠われた「真間の継橋」は、そのような橋の一つと考えられている。
足の音せず 行かむ駒もが 葛飾の 真間の継橋 やまず通わむ(詠み人知らず)
当時の橋の正確な位置や形状は不明だが、朱橋のモニュメントが往時を伝えている。

さらにその昔、真間には手児奈という上品で美しい娘がいた。 自分を巡って様々な身分の男たちが争うのを苦にし、真間の入江に入水したという。 悲劇の手児奈伝説は、万葉集にも詠われている。
われも見つ 人にも告げむ 葛飾の 真間の手児名が 奥津城処(山部赤人)
手児奈の奥津城処(墓)と伝えられる所には手児奈霊神堂が祀られ、良縁・子授け・安産の御利益があるという。
■見学:自由/無料/Pなし
■所在地:市川市真間4-7-23
■問合せ:047-701-8399(市川考古博物館)
■備考:房総の魅力500選(手児奈伝説)

東山魁夷記念館

東山魁夷記念館@D200 日本画の巨匠、東山魁夷(1908-99)画伯は、横浜に生まれ、東京美術学校(今の東京芸大)を卒業後、ドイツに留学した。

戦後は市川に住み、房総の山河を描いた「残照」が日展で特選となった。 自然と対峙し、深い洞察力で静謐な風景を描き、数々の名作を残している。

記念館は、「人間・東山魁夷」をテーマに、平成17年、画伯宅に隣接した一画に市がオープンした。 西欧風の建物は、画伯が影響を受けたドイツをイメージしている。

自ら「戦後の代表作は、すべて市川の水で描いた」と語った画伯の、留学時代の習作やスケッチ、作品の数々を展示している。 画伯の生涯を追体験できる、見応えのある施設になっている。
■開館:10:00〜17:00/月曜・年末年始休館
■料金:一般\510、高大\250/P有料
■所在地:市川市中山1-16-2
■問合せ:047-333-2011(市川市東山魁夷記念館
■備考:

中山法華経寺

祖師堂@D200 正式には正中山法華経寺(日蓮宗)といい、鎌倉期の文応元年(1260)、領主・富木常忍が、松葉谷の難を逃れた日蓮を迎え、法華堂を建てたのが始まり。 日蓮宗の7大本山の一つに数えられる。

珍しい比翼入母屋造りの祖師堂(1678)、室町後期の四足門と法華堂、加賀藩寄進の五重塔(1622)はいずれも国重文に指定されている。 境内に鎮座する鋳造大仏座像は、県内最大級とされる。

寺宝として、日蓮真筆の立正安国論、観心本尊抄(いずれも国宝)、絹本著色十六羅漢像(国重文)を所蔵している。

毎年11月から2月まで、全国の修行僧が荒行堂に籠もり、未明から深夜まで連日厳しい修行に耐える百日荒行が行われる。
■拝観:9:00〜16:00/P無料
■所在地:市川市中山2-10-1
■問合せ:047-334-3433(正中山法華経寺)
■備考:房総の魅力500選、ちば遺産

里見公園

里見公園@D200 室町末期の永禄七年(1564)、南総・里見氏は、房総進出を目論む小田原・北条氏を迎え討つため、この高台に布陣した。

川を渡って攻め来る北条軍を蹴散らしたが、翌朝、北条本隊の奇襲を受け、総崩れで南房総まで敗退。 これを追撃した北条氏は、一時は上総まで勢力を拡大した。
両軍の兵が水を求めた「羅漢の井」、悲惨さに泣き崩れて息絶えた里見の姫の泣き声がする「夜泣き石」、里見将士の供養塔など、合戦の遺跡が残っている。

明治期は、旧陸軍教導団と附属病院、野砲兵連隊などが置かれ、軍都として栄えた。 戦後は公園として整備され、桜、藤、バラの名所として親しまれている。
大正期の歌人で市川ゆかりの北原白秋(1885-1942)が東京小岩に建てた「紫烟草舎」(しえんそうしゃ)が移築されている。
■開園:常時/無料/P江戸川沿いにあり(無料)
■所在地:市川市国府台3-9
■問合せ:047-372-0062(園内管理事務所)
■備考:房総の魅力500選

市川市動植物園

動物園@E800 自然が残る大町公園一帯に開設された動物園・自然博物館・植物園。

動物園は、サル山のほか、小動物が中心。 一番人気は、友好都市の中国・楽山市から贈られたレッサーパンダ。 ウサギやヒヨコと遊べる「なかよし広場」、ポニーの乗馬ができる「パドック」(小学生のみ、無料)、ミニSL(有料)もある。

自然博物館は、市川の自然や地質などを分かりやすく展示している。
植物園は、あやめなどの水生植物園、バラ園、熱帯植物とサボテンの鑑賞植物園がある。 こちらは花のシーズンがおすすめ。

少し足を伸ばすと、40種類のフィールドアスレチックが楽しめる民間の「ありのみコース」(有料施設)がある。
■開園:9:30〜16:30/月曜・年末年始休園
■料金:大人\430、小人\100(植物園は無料)/P有料
■所在地:市川市大町284
■問合せ:047-338-1960(市川市動植物園)
■備考:

市川市立市川考古博物館・歴史博物館

考古博物館@GR 市川に人が住み始めたのは約2万年前(旧石器時代)とされる。

市内には、旧石器時代の堀之内貝塚、弥生時代の須和田式土器、古墳時代の法皇塚古墳、平安時代の下総国府跡などが残る。
江戸期は河川交通と行徳の製塩で栄え、近代は文人墨客が好んで住み、軍都として栄えた。

堀之内貝塚公園にある市川考古博物館と市川歴史博物館は、そんな市川の歴史を展示している。

考古博物館は、旧石器時代〜平安前期までを対象にしている。 旧石器時代の出土品とムラの再現展示、弥生時代の再葬甕墓、古墳の出土品が見どころ。 天井から吊り下がる大きなクジラの骨格標本が、この辺が海だったことを物語る。

歴史博物館は、平安後期〜現代が対象。 パネル展示による解説が多いが、江戸期以降は街道の道標、民家の暮らし、海苔漁の再現展示が見どころ。 習俗として、堀之内の辻切り(藁蛇)、マコモ馬(七夕に祀る藁馬)の展示が興味深い。
■開館:9:30〜16:30/月曜・年末年始休館
■料金:無料/P無料
■所在地:市川市堀之内2-26-1(考古博物館)ほか
■問合せ:047-373-2202(考古博物館)ほか
■備考:房総の魅力500選(堀之内貝塚)

行徳野鳥観察舎(休館中)

野鳥観察舎@D200 大正期まで塩の生産が盛んだった行徳の海は、工業地帯に姿を変えた。
わずかに残された新浜の干潟が、宮内庁の新浜鴨場とともに、近郊緑地特別保全地区として保護されている。

観察舎は、新浜の干潟に集まる水鳥を観察するため、県が昭和51年に開設した。 現在は、市が管理運営を委託されている。

観察用のスコープが設置されて、指導員が丁寧に説明してくれる。 観察できる鳥は約270種で、日本の鳥類の半分に当たる。
野鳥の回復訓練支援施設もあり、傷ついた鳥たちが再び飛べる日を待っている。

高速道路と倉庫群に囲まれた立地は、習志野市の谷津干潟にも似ている。 あちらが手軽なバードウォッチングなら、こちらは手つかずの沼地で本格的な野鳥観察といった趣きがある。
■開館:9:00〜16:30/月曜・月末金曜・年末年始休館
■料金:無料/P無料
■所在地:市川市福栄4-22-11
■問合せ:047-397-9046(千葉県行徳野鳥観察舎)
■備考:房総の魅力500選、2015.12.28〜休館中

行徳の常夜灯

常夜灯@D300 江戸期、本行徳村は、行徳の塩を江戸に運ぶ航路の拠点で、寛永九年(1632)、この場所に船着場(新河岸)が造られた。

文化文政期(1804〜40)になると、江戸庶民に成田山詣でが流行し、講中(信者仲間)は江戸小網町から行徳新河岸へ船で渡り、ここから陸路で成田へ向かった。 行徳新河岸は、朝から夕まで船が行き交い、たくさんの荷や人で賑わった。

常夜灯は、文化九年(1812)、江戸日本橋西河岸と蔵屋敷の成田山講中が、航路の安全を願い、成田山に奉納したもの。
「行徳船」とか「長渡船」と呼ばれた江戸航路の安全を見守ってきたが、現在は、常夜灯公園として整備され、市民の憩いの場になっている。
■見学:自由/無料/Pなし(周辺にスペースなし)
■所在地:市川市本行徳34
■問合せ:047-334-1658(市川市生涯学習振興課)
■備考:市有形文化財、房総の魅力500選(成田街道)

国府台の辻切り

国府台の辻切り@D300 室町時代に始まったとも伝えられ、年始めに国府台天満宮で行われる。

「辻切り」は、病や災いが集落に入らないよう、年始めにムラの四辻(東西南北)を霊力で遮断して安全を祈る習俗で、かつては農村地帯で多く見られた。 戦後は廃れ、市川で残っているのはここだけとなった。

境内で、稲藁を拠って長さ2mほどの大蛇を4体作る。 目は丸めた半紙に前年の藁蛇を燃した灰を入れ、耳は枇杷の葉を使い、首から三柱大神の御神符を吊す。

完成した藁蛇に御神酒を飲ませて「魂入れ」をした後、旧ムラ境に立つ木に頭を外向きに巻き付ける。 藁蛇は、風雨に晒されボロボロになりながら、一年間、睨みをきかせて集落を守る。

かつては獅子舞を伴ったが、こちらは昭和13年を最後に継承が途絶えている。
■公開日:毎年1月17日
■伝承地:天満宮(市川市国府台3-11-11
■保持団体:国府台辻切り保存会
■指定:市無形民俗文化財、房総の魅力500選
■備考:房総の祭り「国府台の辻切り」収録

初卯祭

初卯祭@D300 平安期に宇多天皇の勅願で鎮座した葛飾八幡宮は、応神天皇、神功皇后、玉依比売命を祀る。

初卯祭は、立春後の初卯に、八幡神(=応神天皇)の誕生を祝う祭儀で、かつては下総国司が執り行った重要な儀式の一つとされる。

宮司舞では、宮司が御幣と神鈴を持って舞い、五穀豊穣と無病息災を祈願する。 湯花神事では、大釜で煮立った湯を熊笹で参詣者に浴びせる。
この湯玉を浴びると一年間無病息災とされ、人々は、大釜の四隅に立てた青竹の小枝を持ち帰り、家の屋根に立てたり、田畑の水口に挿し、家内安全を祈る。

かつて初卯祭で奉納された十二座神楽は、昭和35〜36年ころに中断。 近年、一部の演目を再興し、神楽の復活が期待されている。
■公開日:毎年2月最初の卯の日
■伝承地:葛飾八幡宮(市川市八幡4-2-1
■保持団体:葛飾八幡宮
■指定:
■備考:房総の祭り「初卯祭八幡宮神楽」収録

団子あげ

団子あげ@GR 北方子之神社は、亀山帝の文永年間(1264-75)の創建で、大己貴命(大國主命)を祀る。

「団子あげ」は、北方1〜3丁目・4丁目(一部)に伝わる伝統行事で、子之神社の祈年祭で行われる。
無病息災と豊作を祈る予祝行事で、梅の小枝に団子の「餅花」を咲かせて奉納し、参詣者に配る。
昔は、氏子の家々が前年に収穫した米粉の団子を梅の小枝にさして奉納した。 現在は、周囲は住宅街で農家はなく、市販の団子を使って氏子役員のみで継承している。

この団子を持ち帰り、焼いて食べると一年間風邪をひかないとされている。
■公開日:毎年2月26日
■伝承地:子之神社(市川市北方3-17-23
■保持団体:子之神社氏子中
■指定:
■備考:房総の祭り「団子あげ」収録

水神祭

水神祭@D300 江戸・元禄期、この一帯は祭礼河岸と呼ばれ、魚や農産物を対岸の江戸へ積み出す拠点として賑わった。

河岸の水神宮は、古くから地元の漁師が豊漁・海難除けを祈願した。 江戸川は生活水路でもあったので、船の安全や子供たちの水難除け・泳ぎの上達を祈願して、毎年6月末日の夜、多くの人々が参拝した。

午前中、水神宮で神職による式典が行われた後、行徳街道沿いの御仮屋に移動して、神事が行われる。 かつてはお練り系の獅子舞がムラ廻りをした名残りで、御仮屋に獅子頭が飾られる。

河岸には露店が並び、夕方になると多くの子供たちで賑わう。 水難除けの信仰は今もしっかりと根付いている。
■公開日:毎年6月最終土曜日
■伝承地:水神宮(市川市湊
■保持団体:
■指定:
■備考:房総の祭り「水神祭」収録

もっと知りたい方のために

■このページのTOPへ