天平のロマン、市原市

上総国分尼寺跡

天平の甍@GR 市原には、奈良期、上総(かずさ)国府が置かれた。

聖武天皇は、天平十三年(741)、全国に国分寺・国分尼寺の造営を命じた。 市原にも国分寺と国分尼寺が置かれたが、国分尼寺は平安末期に衰退して廃絶したと推定されている。

発掘調査で、全国最大規模の国分尼寺であったことが分かった。 「よみがえる天平の甍」をテーマに復元整備が進み、平成5年、朱塗りの中門と回廊が復元された。
当時と同じ塗料と技法を使い、最盛期の奈良後期の姿を再現している。

隣接する上総国分尼寺跡展示館では、映像や模型で分かりやすく解説している。 住宅街に突如現れた巨大な伽藍が、千二百年の時を超えて天平ロマンを運んでくれる。
■開館:9:00〜17:00/月曜・年末年始休館
■料金:無料/P無料
■所在地:市原市国分寺台中央3-5-2
■問合せ:0436-21-7633(史跡上総国分尼寺跡展示館)
■備考:国史跡、房総の魅力500選、ちば遺産

千葉こどもの国キッズダム(旧千葉県こどもの国)

時計台@α3xi 山倉ダム湖畔の遊園地として親しまれた「千葉県こどもの国」(平成18年閉園)が、「キッズダム」としてリニューアルした。

園内は、中央の芝生広場の左手に大人向けのエリア(サイクリング、鉄道ジオラマ、RCサーキット、釣り堀、BBQ広場)がある。
右手は子供向けのエリアで、ミニトレイン・ローラーリンク・滑り台・ダムダムボール・バッテリーカー・ジャイアンキューブ・ゴーカートが集まっている。

各種アトラクションは別料金で、回数券や年間パスポートも用意されている。
■開園:9:30〜16:30(11〜2月は16:00)/木曜休園
■料金:入園は大人\700、小中\300、幼\200/P有料
■所在地:市原市山倉1487
■問合せ:0436-74-3174(千葉こどもの国キッズダム
■備考:房総の魅力500選(旧こどもの国)

市原ぞうの国

ぞうの国@QV-70 高滝湖の東側の丘陵に広がる、ちょっと異色な動物園。

雑然とした園内は、飼育ファームそのままの雰囲気。 それもそのはず、もとはTVや雑誌に出演する動物を提供する動物プロダクションの飼育ファームを公開したもの。

一番人気は、タイのゾウ使いが操るゾウのアトラクション。 サッカー、綱引き、人またぎ(?)などのアトラクションと、ゾウの背に乗り広場を一周する「象ライド」(有料)が大人気。 本物のゾウに乗る珍しい体験ができる。

平成23年、姉妹施設「Sayuri World」が開園し、こちらはキリンやカピバラに餌やり体験ができる。
■開園:9:00〜17:00/木曜休園(春夏冬休みとGWは無休)
■料金:大人\1800、小学\900、幼\500/P有料
■所在地:市原市山小川937
■問合せ:0436-88-3001(市原ぞうの国
■備考:

市原湖畔美術館(旧水と彫刻の丘)

水と彫刻の丘@α3xi 高滝湖の観光・文化の拠点として、平成7年に「市原水と彫刻の丘」として開館した。 平成25年8月にリニューアルし、「市原湖畔美術館」と改称した。

野外と館内に、前衛的な彫刻家の作品を常設展示している。
湖に浮かぶ巨大なかげろうの水上彫刻(重村三雄作)は、背景の自然とともに一つの作品となっている。 クマさんことゲージツ家・篠原勝之作の鉄とガラスの巨大彫刻「飛来」も印象的だ。

屋内では、真っ赤な作品の「人集まりて顔となる」(片岡晶作)が目を引く。 よく見ると、裸体女性の集合体で人の顔を表現していて感心する。
見るだけでなく、実際に触れて感じるユニークなギャラリーになっている。
■開館:10:00〜17:00/月曜・年末年始休館
■料金:展示内容により異なる/P無料
■所在地:市原市不入75-1
■問合せ:0436-98-1525(市原湖畔美術館
■備考:

菊間八幡神社の神楽

菊間神社の神楽@D300 菊間八幡神社の春大祭で奉納される十二座神楽で、起源は不詳だが、江戸後期の1800年代には既に舞われていたと伝わる。

戦中〜戦後にかけて途絶えたが、氏子の熱意で昭和20年代に古老の指導を受けて復活。 現在、演目は「神子舞・庭掃き・猿田彦・狐・稲荷・八幡・外道・恵比寿・おかめ」の九座が伝わっている。

神子舞は、男児1・女児2が交互に舞う。 外道(別名「鬼の舞」)は、鬼2匹・鍾馗・医者どんと丁稚が登場するユニークな演目。
面と衣装が美しく、本格的な里神楽だが、文化財指定は受けていない。
■公開日:毎年4月第二日曜日
■伝承地:菊間八幡神社(市原市菊間3166
■保持団体:菊間八幡神社神楽保存会
■指定:
■備考:房総の祭り「菊間八幡神社の神楽」収録

花嫁まつり

花嫁まつり@D300 高瀧神社の秋季例大祭(旧行4月中酉)は、新婚の花嫁が婚礼衣装で参詣することから、「花嫁まつり」と呼ばれる。

地区には、大正期から、氏子に嫁入りした花嫁が仲人に付き添われ、婚礼衣装で神前に結婚を報告し、子宝に恵まれるよう祈願する慣習があった。 戦中は中断したが、戦後に復活。 40年ほど前からは、春季大祭に行列を仕立てて数組が合同で参詣するようになった。

行列は、猿田彦の露払いが先導し、花嫁・花婿と稚児行列が続く。 集まった人々に祝福される花嫁に、幸せのお裾分けをもらったようで温かい気持ちになる。
■公開日:毎年4月中酉の前後の日曜日
■伝承地:高瀧神社(市原市高瀧1
■保持団体:高瀧神社氏子中
■指定:
■備考:房総の祭り「花嫁まつり」収録

島穴神社お田植祭

お田植祭@D300 島穴神社は、風鎮めの神・志那都比古尊(しなつひこのみこと)を祀る。

お田植祭(旧行5月10日)は,五穀豊穣と災難消除を祈願して、早乙女が手水舎で手を洗い清める「手水の儀」、神饌田で「玉串奉奠の儀」、巫女による「豊栄の舞」、早乙女が苗を植える「田植えの儀」が行われる。
早乙女は、地元5町内から2人ずつ、小学生の女児が中心に選ばれている。

戦後は長く中断したが,平成3年に復活した。 市原市内で唯一残る田植え神事で、9月には、実った稲を刈り取る神事「抜き穂祭」が催行される。
■公開日:毎年5月第二日曜日
■伝承地:島穴神社(市原市島野1129
■保持団体:島穴神社氏子中
■指定:
■備考:房総の祭り「島穴神社お田植祭」収録

椎津の種蒔神事

椎津の種蒔神事@Df 五穀豊穣を祈願する予祝神事で、八坂神社祭礼の翌日夕方、神社拝殿で奉納される。

舞人が天狗・獅子・翁(おきな)・媼(おうな)の4つの面を代わる代わるつけ、農耕手順を模した6種の舞を奉納する。

「一の舞」は、猿田彦神が田畑の四方を鎮め、剣の舞ともいう。 「二の舞」は、翁が鎌を薙ぎながら草を刈り、草薙の舞と呼ばれる。 「三の舞」は、翁が鍬で田畑を耕し、耕天の舞という。 「四の舞」は、猿田彦神が印を結び足で地を踏みしめて鎮め均し、七・五・三の舞とも呼ばれる。 「五の舞」は、獅子が田畑の四方を這いずり、周りの邪気を祓い、獅子の舞または虫追いの舞と呼ばれる。 「六の舞」は、媼が保食神(ほけつのかみ)から賜った稲種を四方に播種し、種蒔の舞という。

地元の人々は、このとき撒かれる米を少量持ち帰り、五穀豊穣と家内安全を祈る。
■公開日:毎年7月23日
■伝承地:八坂神社(市原市椎津230-1
■保持団体:祇園囃子保存会
■指定:
■備考:房総の祭り「椎津の種蒔神事」収録

椎津のカラダミ

椎津のカラダミ@D300 中世の椎津領主・椎津小太郎が、北条氏に攻め入られて落城し、領民が仮の葬式を出して偲んだのが始まりとされる。

早朝、乞食坊主2人が集落内を廻り、団子(現在は現金)を貰い歩く。 夕方、瑞安寺で小太郎や水難者などの供養が行われた後、万灯山車(ジャラボコ)を賑やかに曳き廻す。 姉ヶ崎小学校脇で万灯山車の灯りを消し、バレンや花飾りを地区の人々が持ち帰り、病除けにする。

その後、地蔵坂の小道の家から、棺を担いだ仮の葬列(空荼毘=カラダミ)が出発。 「おっとうが死んじまった、おっかあが死んじまったよー。わあわあ」と叫びながら、瑞安寺まで駆け戻る。 瑞安寺に着いた葬列は、本堂を3周して裏手に消えていく。

盆行事に賑やかな万灯を出す例はあるが、仮の葬列を出す例は極めて珍しいとされる。 戦時中に中断したが、現在は椎津青年会が中心となって伝統を継承している。
■公開日:毎年8月15日
■伝承地:瑞安寺(市原市椎津131
■保持団体:椎津青年会
■指定:県無形民俗文化財
■備考:房総の祭り「椎津のカラダミ」収録

市原の柳楯神事

柳楯神事@D300 飯香岡八幡宮の秋大祭(旧行旧暦8月15日)の前日に行われる欠かせない神事とされる。

司家が、柳枝を長さ1.4mに切り揃え、上に葉を残して皮をむく。 長さ60cmほどの青竹を5本、半分に割ったものを用意し、皮をむいた柳枝を並べて竹に挟み、縄で結わえて楯を作り上げる。

柳の楯は、上部に担ぎ竹を通し、白丁が担いで司家→八幡神社→阿須波神社→五所地区の年番家に運んで1泊する。 祭礼当日の朝、白丁が担いで年番家→飯香岡八幡宮に入り、宮神輿の前に安置する。 神事の後、柳楯を先頭に各神輿が地区内を渡御する。
祭礼で使った柳楯は、翌年の小正月に焚き上げられる。

現在の神輿の原型または神送りの特殊な形態と考えられており、柳楯が到着しないと神輿渡御ができないしきたりが守られている。
■公開日:毎年旧暦8月15日近くの土曜日
■伝承地:市原地区(市原市市原
■保持団体:柳楯神事保存会ほか
■指定:県無形民俗文化財
■備考:房総の祭り「柳楯神事秋季大祭」収録

根本神社の神楽

根本神社の神楽@Df 江戸中期から伝わる十二座神楽で、鎮守・根元神社の例祭(旧行旧暦10月9日)に奉納される。 地元では「みこう(巫女)」と呼ばれて親しまれている

演目は「天狗の舞・住吉の舞(子狐)・玉八幡・鍾馗様(鬼)・弓八幡(鬼)・医者どん(岡崎・鬼)・老人の舞・剣の舞・恵比寿様(岡崎)・湯立の舞(岡崎)・戸隠の舞(天照大神)・山の神」の十二座と巫女舞が伝わる。
鬼が正面から舞台に駆け上がる「弓八幡」、本来は直面(素顔)の男子が舞う「湯立の舞」、天照大神に扮した女児を抱え上げる「戸隠の舞」が特徴。

かつては毎年演じられたが、現在は運営難から隔年(西暦奇数年)に奉納されている。 根本・枝の氏子が保存会を作り、両町会が支援して伝統を守っている。
■公開日:隔年10月9日に近い日曜日
■伝承地:根元神社(市原市馬立61
■保持団体:根本神社神楽保存会
■指定:市無形民俗文化財
■備考:房総の祭り「根本神社の神楽」収録

鶴峯八幡の神楽

鶴峯八幡の神楽@D300 鶴峯八幡宮は、鎌倉時代の建治三年(1277)、豊前・宇佐八幡宮から勧請されたと伝わり、鎌倉・鶴岡八幡宮、館山・鶴谷八幡宮とともに「関東の三鶴」と称される。

神社の秋祭に、鎌倉から伝えられた里神楽が奉納される。 演目は「猿田彦・月日の巫女(振鈴と幣束)・浦島・月日の巫女(振鈴と白扇)・三韓・老人・恵比寿・稲荷様・太刀の神子・副巫女・八幡様・湯立戸隠・山の神(餅投げ)」の十二座が伝わる。
お囃子は胴長太鼓、鼓、横笛、鉦(ショウ)で、正装の楽人が奏でる。

鬼が拝殿の屋根から登場したり(八幡)、鍾馗が巫女を肩車して舞う(湯立戸隠)など、下総や上総の十二座神楽と異なる演目が興味深い。
■公開日:毎年10月第三日曜日
■伝承地:鶴峯八幡宮(市原市中高根1223
■保持団体:鶴峯八幡宮十二座神楽保存会
■指定:県無形民俗文化財
■備考:房総の祭り「鶴峯八幡の神楽」収録

もっと知りたい方のために

■このページのTOPへ